スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    再会
    0
       昨日は、学生の頃の友人と、再びの再会。

      え?再びだから、再会だろって?

      それが、”再びの再会”が、一番、しっくり来るのよ〜

      かれこれ、数十年ぶりで、去年、再会した
      空白を感じないくらい、2人で話しっぱなしだった。

      それから、ブログやメールでお互い、様子を知らせあって。
      「ホピの予言」の上映会やパレードで、すれ違い・・・
      会えそうで会えない・・・が数回。

      そして、とうとう、ほぼ1年ぶり(って、彼女が気づいた)。

      再びの再会!!

      やっぱり、お互い、話しっぱなし。

      不思議なつながり。
      離れているのに、同じものを見ていたり、同じことにかかわっていたり。
      かかわり方が違うし、感じ方も違うのに、妙に落ち着いたり。


      次回は、そんなに間をあけずに、会いたいね!!




      今日は、平塚、”輪母(ワハハ)の会”だぁ!!

      ってことで、コミュ達ママの感想、もうちょい待っててね〜


      ☆=====☆ お知らせ ☆=====☆

      お申し込み&お問い合わせ、大歓迎です!!

      11月11日(金) コミュ達ママへの道 第3回
      12月 9日(金) コミュ達ママへの道 第4回

      10月28日(金) 素敵生活応援イベント『フレンドショップ』に出展!!

      ☆===☆ 会いに来てね!! ☆===☆


      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
      JUGEMテーマ:子育て情報
      カテゴリ:ひとりごと | 07:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      ようやく7月になった
      0
        7月に入った。

        法事もなんも終わって。

        ほっと一息。

        と、思ったら・・・

        学童の公開理事会があって。
        ガガのお誕生会があって。
        学童の役員会があって。
        学童の保護者会がある。


        うぉ〜・・・・


        やっぱ、今月も、たくさん、あるぞ〜


        とはいえ、ちょっとは落ち着いてきたかな。


        あ、水曜日、ズズのクラスの本読みだ。


        今年度、初の本読み。


        どんなクラスなんだろ〜(って、授業参観は見てるけど。)


        どんな反応、してくれるのかな。


        楽しみ〜


        アメブロ、更新してるから、読んでね〜




         
        JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
        JUGEMテーマ:子育て情報
        カテゴリ:ひとりごと | 14:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        なぜか重なる6月
        0
          怒涛の6月がもうじき、終わる・・・

          そう、怒涛の6月・・・

          SEだった頃は、6月ってわりと落ち着いた月って印象だった。
          四半期末ではあったけど。
          でも、プロジェクトも軌道に乗って、よっしゃー!!って感じの頃。

          子ども達が保育園やら、学校やらなんやと通いだしたら、一変した。

          学校の運動会があり。
          学童の役員会&保護者会があり。
          推進協の交流会あり。
          学童のレクもり。
          学童のNPOの理事会があり。
          学童のNPOの総会もあった。
          学校の災害時引取り訓練もあった。
          学校の授業参&観懇談会もある。
          保育園の懇談会もあった。
          学校のクラスの集まりもあった。

          今年は、ぱにゅの母親の四十九日もある・・・

          あの・・・

          まったく・・・お子様中心の生活ってことで・・・

          お仕事が隙間に寄って、縮こまってる感じ。

          だから、いつも、目の下にクマ作ってる・・・


          いやいや、それでも、1つ1つ、一生懸命。
          できること、貢献できることを担って。

          それが、次につながると信じて。

          あと一息だぁ!!



          JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
          JUGEMテーマ:子育て情報
          カテゴリ:ひとりごと | 16:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          見送る時
          0
            やっと長い1週間が終わった。

            ”偶然”とか”タイミング”って、そういうものなのかなって思った。

            5月14日(土)、本当はタオさんと、タオ塾東京2期の初日のはずだった。
            3月の震災のあと、”募集の時期じゃない”ということで、延期になっていた。

            そんなこんなで、前日、金曜日の夜から、ちょーっとPCに向かって、夜更かし・・・
            日付が14日になって、4時を過ぎた。

            いつもだったら、そこまで夜更かししない。
            もちろん、携帯だって、リビングに置いたまま、2階へ上がる。

            でも、その日、4時10分、携帯が鳴った。
            父親から。

            母親の入院先から、呼び出しの電話があったって。
            実家の方からも行くから、そっちも行ってくれって。


            あっけない。


            そう。
            そんな感じ。


            やっと。


            そう。
            それもある。


            何も言わず、何も反応せず、何時呼ばれるか・・・とカレンダーを見る日々。
            やっと、終わった。


            そして、長い1週間。


            学童の役員会&保護者会があって。

            レジュメの引継ぎなどなど、都合をつけて協力してくれる仲間のありがたさを感じた。
            子どもの頃からの親しくしている人達の、温かさを感じた。

            そして何より、ぱぱちゃん’s家族。
            とっても大事にしてもらっていることを、しっかりと感じた。
            茅ヶ崎から横浜の実家まで、2日間。

            ズズもガガも、安心して過ごすことができた。(ちょっと、はしゃぎすぎだったけど。)

            ただただ、感謝の気持ちでいっぱい。


            きっと、何も言わなくなって1年4ヶ月。
            母親が、最後に、伝えるメッセージだったのかもしれない。


            たくさんの人に、大事にしてもらっているということに気づくこと。
            ちゃんと受け取って、感謝の気持ちを表すこと。


            もっと、複雑な思いもあるかと思っていた。
            でも、驚くほど、心穏やかだった。

            ただただ、静かに、1つの区切りがついた。



            カテゴリ:ひとりごと | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            年度はじめの懇談会
            0
              昨日、4月14日、ズズの学校の懇談会。
              新しい1年が始まったぁ〜って、そんな感じ。

              ズズの学校は、総勢500人に満たない学校。
              だから、先生方も、親同士も、なんとな〜く顔見知り。

              連絡網の先頭の係りも、クラスの役員も、立候補してくれる方がいた。
              だから、役員決めは、すぐに終わった。
              感謝!!

              今年も、楽しそうなクラスだ。
              1年間、楽しく、過ごせそう。

              積極的に、引き受けてくれる方がいるクラスは、楽しい。
              ぱにゅ?
              いつかは、学校にも貢献しないと。
              でも、今年は学童に専念させてもらおうと、決めていたから。

              だから、尚更、立候補してくれた方には、感謝。

              今年も、良いい1年間でありますように。


              JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
              JUGEMテーマ:子育て情報
              カテゴリ:ひとりごと | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              離退任式
              0
                4月7日、ズズの学校の離退任式だった。
                きっと、市内全部かな。

                異動される先生と退職される先生をお見送りした。

                去年、一年間、ズズがお世話になった先生を含め、4人。
                3月には、臨任の先生を3人、お見送りしてる。

                30人に満たない先生方のうち、7人の先生とお別れ。

                親としては、感謝の気持ちで見送る。
                でも、寂しい。

                もう少し、もう少し、もう少し・・・
                長い期間、一緒に子ども達を見守っていただけないものかと。

                そして、短い期間で、クラスや学校としてまとまった動きをする先生方のご苦労に感謝。

                昨年度、お世話になった先生は、ズズとの相性がよかったらしく。
                ズズは、「先生大好き!」「来年も○○先生がいいなぁ」と言って、春休みに入った。

                4月1日、クラスの役員さんから電話が・・・

                「えー!!○○先生、異動しちゃうの???」

                どこの家でも、ショックの声だったとか。
                離退任式には、同じクラスだったお母さんたちが、すいぶん集まった。
                都合で、来られなかっただけで、気持ちは同じお母さん達もたくさんいる。

                何をどう言っても、こればっかりはどうしようもない。

                2年生の1年間、多くのことを教えてもらったことに感謝。
                大切なことを、時間をかけて、日常のかかわりの中で伝えてくれたことに感謝。
                ここで出会えたことに、感謝。

                ただただ、感謝。

                ありがとうございました。
                これからも、どこかでお会いできますように。




                JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                JUGEMテーマ:子育て情報
                カテゴリ:ひとりごと | 19:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                今、お母さんとしてできること
                0
                  巨大地震から2週間。

                  今、首都圏にするお母さんとしてできること。

                  それは、子どもたちに安心を伝えること。

                  地震当日、揺れに怖い思いをしたかもしれない。
                  その後、テレビの映像を見て、されに怖い思いをしたかもしれない。
                  そして、お米やガソリンたお水をさがしまわるお母さんの姿に、不安を感じたかもしれない。


                  そんな我が子の顔をじっと見て。
                  余震で揺れた時、そっと抱きしめてあげて。
                  そして、優しく微笑んで。


                  恐怖や不安を伝えるのではなく。
                  安心や優しさを伝えよう。
                  そして、被害にあった方々を思い、支えようとする心を伝えよう。


                  お母さんだからこそできる、大切で大きな支援。
                  それは、子ども達に、人を思いやる心を伝えること。


                  被災地から移り住んでくるかもしれない人たちを、温かく迎え入れる地域作り。
                  学校で、幼稚園で、保育園で、公園で。
                  風評被害に惑わされず、新しい仲間として安心できる環境を作ること。
                  それができる子どもに育てること。

                  我が子と同じように、すべての子ども達を大切に思うこと。

                  それが、復興していく先の日本を担う大人を育てる、未来への貢献。

                  お母さんの出番だ!!
                  もちろん、お父さんも。

                  買い占めている場合じゃない。
                  大人な、手本を見せよう。


                  JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                  JUGEMテーマ:子育て情報
                  カテゴリ:ひとりごと | 14:42 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  迷うなら、頼ってみる
                  0
                    18日、第1&第2グループの、2回目の停電はなかった。
                    19日は、計画停電がお休みだった。

                    余震は続く。

                    直接の被災地ではないけど、首都圏でも生活に影響が出ている。
                    食料品も品薄。
                    ガソリンもなかなか買えない。

                    必ず、落ち着く。
                    必ず、安定する。
                    だから、焦らず、心穏やかに。

                    パニックにならず、節電に協力して。

                    そうは言っても、そんな毎日が続く中。
                    子ども達と毎日過ごすママ。

                    家になる食べ物が少なくなり、買占めたくなるほど不安に感じているかもしれない。
                    余震で揺れるたびに、子どもを抱え込んで、おさまるのを待っているかもしれない。

                    公演や幼稚園で出会ったママ友との会話も、不安を伝えるばかりかもしれない。
                    最近、子どもがちょっと落ち着かないって感じているかもしれない。

                    ママの不安は、子ともに伝わる。

                    そんな時、西や南に実家や親戚があって、「こっちにおいで」って言われたりして。

                    「行かない」と即答したママ。
                    首都圏で、一緒に頑張ろう!!

                    迷ったママ。
                    自分の心の声、じっくり聞いてあげて。
                    そして、パパとしっかり相談してみて。

                    実家や親戚が、頼れる&安心できる場所ならば。
                    乳児&幼児と家にいるのが不安ならば。
                    幼稚園や学校が春休みになるこの時期だから。

                    1週間、1ヶ月、頼ってみるのも良いかもしれない。

                    それは、決して、パニックや無用な避難ではない。
                    ママが安心した顔を見せることが、子どもの笑顔に繋がる。

                    友だちや仲間を置いて逃げるわけではない。

                    首都圏の買占めを減らす。
                    首都圏の電力消費を減らす。
                    離れたところに、仲間ができる。

                    ほら、それだって、1つの支援だから。
                    そのおかげで、残った友達のお買い物が、ラクになるかもしれない。
                    そのおかげで、残った友達の停電時間が減るかもしれない。
                    そのおかげで、残った友達に「遠方に友達がいる」って安心をあげられるかもしれない。

                    迷うなら、頼ってみるのも1つの方法かもしれない。

                    ママの笑顔を取り戻そう!!



                    JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                    JUGEMテーマ:子育て情報
                    カテゴリ:ひとりごと | 12:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    3月11日金曜日
                    0
                      3月11日、金曜日、巨大地震のあった日。
                      被害にあわれた方々に、心からお見舞い申し上げます。

                      この日、ズズのクラスで、5時間目にお楽しみ会があった。
                      お昼から係りのお母さんたちが準備した。
                      そして、5時間目、お楽しみ会が終わった。

                      子ども達の帰りの会が終わって、昇降口へ向かう&昇降口から出る。

                      参加したお母さん達も、子どもと一緒に帰ろうと、校庭で待つ姿が見えた。

                      ぱにゅ、来客用の昇降口へ向かう。
                      ズズの教室の方がら、担任の先生が職員室へ向かって走る。

                      「地震だ。放送、放送。」

                      そう言っていた。
                      一緒にいたお母さんと”え?”って思って、見送った。
                      直後、グラグラゆれてきた。

                      すぐに、先生の声で、放送が入った。
                      校庭へ走る先生。

                      机の下に入る。
                      校庭の生徒は、集まって。

                      そして、校内にいる生徒が、校庭に集まった。
                      お楽しみ会で、通常より多くの保護者が残っていた。
                      残っていた保護者と迎えに来た保護者、先生達で通学コース別に下校。

                      先生は緊急地震速報を受信していたらしい。
                      そのおかげで、子ども達は、揺れ始めた時には、先生の声の放送を聴くことができた。
                      大きな悲鳴もなく、声掛け合って。

                      その場にいてみないとわからない、学校の先生たちの細やかな対応。
                      通常じゃない時に、本当の姿&力が見える。
                      先生方の対応、人間力に感謝。

                      そして、「じゃぁみんな一緒に帰ろうか」と言い合える、親同士の繋がりにも、感謝。


                      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                      JUGEMテーマ:子育て情報
                      カテゴリ:ひとりごと | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      スペシャルだと思うことがスペシャル
                      0
                        何のスペシャルになりたいかって、考えた。

                        で、これだ!!って思うものを見つける。

                        もう、それがスペシャル。

                        ぱにゅにとっては、ズズもガガも、そこにいるだけでスペシャル。

                        まぁ、こまごま、要改善項目と思しきものはあれど・・・

                        で、そんなズズやガガが、「カッコイイ○○になりたい」って言うんだもん。

                        それだけで、スペシャルだよね。

                        みんな、自分が一等賞だもんね。
                        必ず、誰にも負けない、自分だけのスペシャル、持ってるんだよね。

                        どんどん磨いて、ピカピカに光らせよう!!


                        JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                        JUGEMテーマ:子育て情報
                        カテゴリ:ひとりごと | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        | 1/6PAGES | >>