<< ビリーフにたどりつく | main | 喜ばせてくれる気持ち >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    予想外の展開
    0
      ビリーフにたどり着いた。

      のびた

      で、色々、考えてみた。


      ね。
      ほら。

      子どもの頃、母親から・・・
      「お姉ちゃんだからしっかりしなさい」って言われ続けたとか。
      「自分のことは自分でしなさい」って言われ続けたとか。
      「なんでもできる、しっかりした子が良い子」と、言外に伝えられ続けたとか。

      ありがちでしょ?
      想像しやすいでしょ??
      わかりやすいでしょ???

      そんなふうに、色々、考えた


      でも、どうもピンとこない。


      そうなんだ。
      考えてるから、ピンとこない。

      確かに、”言われ続けた”ことは、言われ続けた。
      一生懸命、良い子を演じ続けた。
      良い子であることが、自分の立ち居地を守る、唯一の方法だった。


      でも、それで、今、のびた?
      少しずつ、解いてきて、今、ここまで引っかかるほどのビリーフには繋がらない気がする。


      う〜ん・・・


      考えるを休憩した。
      放ってみた。

      ピンと来た。
      何の脈絡もなく。


      のびた=母親
      ドラえもん=ぱにゅ


      そうなんだ。
      なんでも、かんでも、「ねぇ、これやって。」と要求する母親。

      自分で解決しないで、外面良く引き受け、人の力を当てにする。

      子どもの頃、フェルトのマスコット作りが大好きだったぱにゅ。
      たくさん作って、お菓子の空き缶にしまっていた。
      学校から帰ってくると、減っている。
      まるで、覚えのない近所のおばさんから、お礼を言われる。
      「ありがとう。上手ねぇ。」

      ビーズのマスコット、作っていると欲しがるので、あげた。
      母親の仕事先に、買い物に行くと、そこにいたおばさんから、お礼を言われる。
      「ありがとう。器用なのねぇ。」

      学生の頃、文章を書くのが好きだった。
      母親の職場の、QC活動。
      ゴーストライター状態。
      調べて、資料つくって、説明原稿つくって。
      母親の職場のおばさんたちが、ねぎらってくれた。
      「よく勉強してるのねぇ。」
      専攻は児童福祉、障害児教育だったんだけど・・・

      スパッツがはやっていた頃。
      当時のぱにゅにとっては、ちょっと高かったスパッツ。
      でも、シルエットが綺麗で、気に入って、色違いで黒とグレーを買っていた。
      母親が、黒をくれと言った。
      仕方なく、差し出す。
      1時間もしないうちに、ゴムを切っている。
      「あんたのは、キツイのよね。」と、文句を言われた。

      なぜ?

      悔しさと悲しさが、涙と一緒にあふれてきたのを、まだ、覚えている。
      「キツかったから、返すわ。」という判断ができない人。

      一生懸命作ったもの、作って大切にしていたもの。
      返された言葉は、「あんたは、また、つくればいいじゃない。」だった。

      一生懸命調べて、資料作って、原稿書いて。
      返された言葉は、「学生は、ヒマなのね。こっちは、そんな時間ないっていうのに。」だった。

      気に入ったから、ちょっと高いけど買ってきたもの。
      返された言葉は、「あんたは、また、買えばいいじゃない。」だった。
      サイズが合わないなら返して、自分で買えばいいと言ったぱにゅ。
      返された言葉は、「そんな時間もお金もない。こんなものがそんなに惜しいのか。」だった。


      小さい頃から、いい子を演じて認められたかった。
      それでも、認められなかったから、貢献して認められたかった。
      存在を肯定されたかたた。


      その想いが、理不尽と感じつつ、踏みにじられたと感じつつ、応えようとしていた。(と思う。)


      だから、のびた&のびた一家に、反応した。
      もともと、ざわついていたのに。
      決定打があった。

      そういうことだ・・・きっと。

      きっかけは・・・

      のびた&ママ&パパが、コタツから出たくない・・・って話。

      ドラえもんに、コタツを出してもらう。
      しなきゃいけないって思っていることを、口にするとコタツがそのまま移動する。

      なんの変哲もない、ギャグマンガ・・・

      なのに、「何、この家族!」って。
      たれ1人、異を唱えることなく、「ドラえも〜ん」と言って、頼り、受け入れている。
      そして、その提供されたアイテムに、文句を言う。
      決して、「ありがとう」と受け取ることがない。


      ふぅ〜・・・


      自分だけが反応するもの。
      そこには、やっぱり、隠れているものがある。


      あ〜!!
      スッキリ!!

      ぱにゅ、頑張ったねぇ。(自画自賛)
      子どもの頃のぱにゅ、悲しかった&悔しかった。
      学生の頃のぱにゅ、ヒマじゃなかったの知ってるよ。
      お気に入りのスパッツ、大事だったのにね。だから、なんでも1つじゃ不安なんだよね。(笑)

      ずっと、ずっと、いい子を演じていたから。
      本当は、子どもの自分が、子どもらしい理不尽な要求を伝えたかった。
      欲しいもの、やりたいこと、たくさんの自分の気持ちにフタをいていた。

      だから、自分では、いつでも犠牲になっているつもりだった。
      犠牲になっているのに、ありがたがってもられない。
      2重に踏みにじられた想いを抱えていた。


      そりゃ、そうだ。


      相手は、なんでも出てくる”ドラえもんのポケット”くらいにしか思ってなかったはず。
      自分が良い顔をする、道具くらいにしか思ってなかったかもしれない。
      ”ありがとう”なんて、思うはずもない。


      それを、勝手に期待して、求めて、被害者モード全開!!


      もう、あの人に何を望む必要もない。


      自分で決められるんだから。
      自分で、自分を大事にできるんだから。
      そして、今度は、ズズやガガを大事に、守る側になったんだから。


      なんでもできるわけじゃない。
      でも、なんでもできると思う。

      とてつもないことを、成し遂げようというわけじゃない。
      自分の心を自由に、柔軟にもって、心穏やかにいきたい。
      自分が、自由な心、柔軟な心を持っててこそ、人の心を解きほぐすことができるはず。


      ちょっと、前進!!
      確実に前進!!


      あ、アメブロにもはっとこーっと。



      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
      JUGEMテーマ:子育て情報
      カテゴリ:子育てが変わる! | 12:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 12:24 | - | - | - | - |
        コメント
        がんばったなぁー、ぱにゅ。
        認められたいと頑張った、当時のぱにゅも
        苦しい思い出に辿り着いた、今のぱにゅも
        そして前進しているんだなぁ。

        かっこいいわー。
        語彙が少なすぎて、適切な言葉が出てこなくて申し訳ないけど
        かっこいいわー!
        | さちよ | 2011/01/25 8:14 PM |
        さちよちん、コメント、ありがとー!!

        すっごい、褒めすぎ〜!!
        でも、とーっても嬉しい!!

        こうやって、見ていてくれる仲間に出会えたことが、幸せなんだよね。

        ありがとう!!
        | ぱにゅ | 2011/01/27 6:41 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://panyu-dada2.jugem.jp/trackback/248
        トラックバック