<< 悲鳴 | main | ”ただいま外出中です”って、誰が言ってるの??? >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    見送る時
    0
      やっと長い1週間が終わった。

      ”偶然”とか”タイミング”って、そういうものなのかなって思った。

      5月14日(土)、本当はタオさんと、タオ塾東京2期の初日のはずだった。
      3月の震災のあと、”募集の時期じゃない”ということで、延期になっていた。

      そんなこんなで、前日、金曜日の夜から、ちょーっとPCに向かって、夜更かし・・・
      日付が14日になって、4時を過ぎた。

      いつもだったら、そこまで夜更かししない。
      もちろん、携帯だって、リビングに置いたまま、2階へ上がる。

      でも、その日、4時10分、携帯が鳴った。
      父親から。

      母親の入院先から、呼び出しの電話があったって。
      実家の方からも行くから、そっちも行ってくれって。


      あっけない。


      そう。
      そんな感じ。


      やっと。


      そう。
      それもある。


      何も言わず、何も反応せず、何時呼ばれるか・・・とカレンダーを見る日々。
      やっと、終わった。


      そして、長い1週間。


      学童の役員会&保護者会があって。

      レジュメの引継ぎなどなど、都合をつけて協力してくれる仲間のありがたさを感じた。
      子どもの頃からの親しくしている人達の、温かさを感じた。

      そして何より、ぱぱちゃん’s家族。
      とっても大事にしてもらっていることを、しっかりと感じた。
      茅ヶ崎から横浜の実家まで、2日間。

      ズズもガガも、安心して過ごすことができた。(ちょっと、はしゃぎすぎだったけど。)

      ただただ、感謝の気持ちでいっぱい。


      きっと、何も言わなくなって1年4ヶ月。
      母親が、最後に、伝えるメッセージだったのかもしれない。


      たくさんの人に、大事にしてもらっているということに気づくこと。
      ちゃんと受け取って、感謝の気持ちを表すこと。


      もっと、複雑な思いもあるかと思っていた。
      でも、驚くほど、心穏やかだった。

      ただただ、静かに、1つの区切りがついた。



      カテゴリ:ひとりごと | 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        カテゴリ:- | 09:44 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://panyu-dada2.jugem.jp/trackback/280
        トラックバック