スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    ”どうしよう”から始まるママライフ
    0
      やっぱ、冬眠してたかも・・・

      その間に・・・
      タオ塾@横浜1期は4回目。
      タオ塾@東京1期は、最終回を向かえ・・・

      そして、最近、ご縁があるかたで、妊婦さんが多い。

      働いていて、1人目。
      1人目を保育園に通わせるワーキングママで、2人目。
      1人目の時に退職して、一段落したら再開しようと思っていたところで、2人目。

      みなさん、状況は色々。

      で、折り良く(?)、タイミング良く(?)、ズズの宿題。
      「わたしのきろく」
      だって。

      赤ちゃんの頃からの写真を持って行って、それぞれにコメントをつけるらしい。
      毎日、1時間くらい、「ねぇ、この頃の俺ってどんなだった?」って聞かれる。

      ふぅ〜
      いつでも、大変だったよ・・・
      それじゃ、ダメ?え?そうなの???


      なんてことで、思い出した。


      そうそう。
      働くママ生活は、いつでも”どうしよう”の連続だったなぁ・・・って。

      っつーか、”どうしよう”から始まった。

      えー!!おもいっきり、やりたいプロジェクトだったのに、”どうしよう”
      何時から休むの?”どうしよう”
      何時まで休むの?”どうしよう”
      保育園は入れるかな?”どうしよう”
      保育園、入れなかったら・・・”どうしよう”
      保育園は入れた。復職・・・”どうしよう”
      熱出した・・・”どうしよう”
      水疱瘡・・・”どうしよう”
      行事・・・”どうしよう”
      残業・・・”どうしよう”
      休日出勤・・・”どうしよう”
      客先作業・・・”どうしよう”
      出張・・・”どうしよう”


      贅沢だと怒られてしまいそうだけど、直面していた時は、いつも真剣。
      心配や楽しみより先に、まず”どうしよう”の言葉が浮かんだ。

      あ〜・・・切羽詰ってたなぁ・・・
      意地張ってたなぁ・・・
      強がってたなぁ・・・
      助けを求めてなかったなぁ・・・

      きっと、心がごわごわに捻じ曲がった、”めんどくさい女” だったんだね。(笑)
      まぁ、めんどくさい女かどうかは、さおき・・・

      そんな、肩肘張って、強がってママ人生をスタートさせたわけだけど。

      ”仕事も完璧、子育ても完璧”を目指して・・・
      できると信じて。
      そうあるべきと思い込んで。
      強がれば強がるほど、苦しくなった。

      そして、人との繋がりの中にいるってことを、実感した。
      手をかしてくれる人の温かさを、実感した。
      ともに進む仲間の有難さを、実感した。
      その繋がりをくれたのは、子ども達。

      ズズが8歳になった。
      だから、ぱにゅも”母親”8歳。

      ガガが4歳になった。
      だから、ぱにゅも”2人の子の母親”4歳。

      そう思うと、ガツガツ働いて、強がってきた人生の鎧を、すっと脱ぎやすくなった。

      ママは手探り。
      子どもと一緒に、進んでいこう!!

      そんな気持ちになった。
      ”どうしよう”と1人で抱え込むシールドも、もういらないかもしれない。
      強がりはいらない。

      弱くたっていい。
      迷ったていい。

      ”どうしようか?”

      って、誰かに問いかけてみよう。

      そうすれば、

      ”どうにかなる”

      そして、心の中で、思ってみよう。

      ”どうにでもなる”

      これからは、これだね。

      そんな気持ちになってきた。


      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
      JUGEMテーマ:子育て情報
      カテゴリ:ひとりごと | 11:07 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      父母の会もあと数回
      0
        土曜日、ガガの保育園の父母の会。

        ”はじめまして””よろしく”なんて言っていたのが、ついこの間のよう。
        はやいねぇ・・・

        あと、2回〜3回しか、集まらないんだねぇ。
        年長さんは、卒園しちゃうし。
        来年度の役員さんへの引継ぎは・・・なんて話題が出るし。

        1年間、一緒に、色々なことを考えて、話して、伝え合って。

        父母の会の内容だけじゃなくって、個人的な話もするようになって。

        世の中で、普通にすれ違ったら、とってもお友達にはならないような。
        年齢も、仕事も、エリアもちがう仲間。

        これって、やっぱり、子どもたちからの贈り物。

        お母さんだからこその、宝物。

        これからも、ずっと、仲間。
        だよね!!


        JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
        JUGEMテーマ:子育て情報
        カテゴリ:ひとりごと | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        会話のつなげ方(汗)
        0
          正直、ズズ、頼むよ〜って心境・・・

          本人に話したら、大爆笑してるんだけど・・・

          洗い物中のぱにゅに向かって・・・

          「ねぇ、これ、何?」って言う。
          「これって、何?」ってぱにゅ、聞き返す。
          「これだよ、これ。」ってズズ。
          「だから、これって何?」ってぱにゅ。
          「だから!これって言ってるじゃん!!」ってズズ。

          そ、それは、”これ”以外、説明はないのかい???
          見に来て欲しいなら、なぜ、「ちょっと、見に来て」って言葉が出てこない???

          ふぅ〜

          そして、ヨーグルトを食べるとき・・・

          「ヨーグルト、食べたい。」とズズ。
          カップ入りプレーンヨーグルトを渡す。
          しばらく、じ〜っと見ている。
          ぱにゅ、次の作業に移る。
          ヨーグルトを目の高さに持ち上げたズズ。
          「ねぇ、これ、何が入ってるの?」
          「はい?」(相棒の右京さん風)
          「だから、これ、何が入ってるの?」
          「ヨーグルト。」ってぱにゅ。
          「ここに書いてあるじゃん。たんぱく、カルシウム・・・」
          指差す先には、カロリー表示・・・

          ”入ってる”かぁ・・・う〜ん・・・

          ズズ、時々、自分の世界に入って質問をする・・・

          「ねぇねぇ、これって、どれ?」

          なんて聞かれても・・・
          なかなか、即答できるもんでもない〜

          きっと、ズズの頭の中には、不思議な世界が広がってるんだろうなぁ〜

          教訓・・・

          いきなり、ぶち切れない。
          何を聞きたいのか、説明できるように質問する。
          説明が完了したところで、復唱して確認する。

          で、最後に・・・
          そういう風に、言ってもらえると、わかりやすいなぁ・・・
          と伝える。

          かなぁ・・・

          まだまだ、試行錯誤は続く・・・



          JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
          JUGEMテーマ:子育て情報
          カテゴリ:ひとりごと | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          お正月は”非日常”
          0
            あけまして おめでとう ございます
            今年もよろしくお願いします!!


            大人にとっては、”年々、お正月らしさがすれるよね〜”って感じ。
            でも、子どもを見ていると、やっぱ”非日常”かもって。

            まぁ、学校も学童も保育園もお休みだし。
            あっちゃこっちゃ、連れて行かれるし。
            親戚にいっぱい会うし。
            お年玉もらったり、遊んでもらったり。

            そりゃー、まぁ、色々・・・
            テンション、上がりすぎ〜
            声、高すぎ&でかすぎ〜
            うるさすぎ!!

            頭から湯気でそう・・・

            親以外は怒らないって、敵も熟知している。
            あ〜・・・連日、甘やかされて・・・調子に乗ってる。
            親をなめてる。

            なーんて思ってる?
            そんなんで疲れてる?

            思った&疲れた・・・

            一歩離れて、眺めてみよう。

            お正月なんだから。
            出かけたり。
            親戚があつまったり。
            普通の番組やってなかたり。

            もともと、”非日常”。
            子どもも、”非日常”。

            うるさく言っても、疲れるだけで、楽しめない。

            ある意味、槍も匙も投げちゃって。

            ”非日常”の中で、日常を追い求めるのはやめちゃって。
            ”非日常”が過ぎてから、日常に戻せばいい。

            せっかくだから、親も”非日常”を満喫しよう!!

            って、元旦の反省をこめて・・・

            では、では

            JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
            JUGEMテーマ:子育て情報
            カテゴリ:ひとりごと | 02:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            締めくくりの日
            0
              2010年は激動の年だった。
              個人的に。

              色々なことがあった。
              たくさんの出会いがあった。
              たくさんの思いにふれた。
              たくさんの変化があった。

              今まで、バラバラ&別々だと思っていたことが、どんどん1つにまとまってきた。
              今まで、進み方が見つめられずにもがいていたことに、道が見えてきた。

              進んでいる。
              動いている。

              気がつくと、たくさんの人に支えてもらっている。
              気がつくと、たくさんの人と繋がっている。

              たくさんの出会いに恵まれ、たくさんの繋がりができた。

              これからの人生の、大きな宝物ができた一年。

              ありがとうございます!!

              そして、これからも、よろしくお願いします!!


              って、現在、年賀状印刷中・・・


              JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
              JUGEMテーマ:子育て情報
              カテゴリ:ひとりごと | 03:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              Iメッセージだったらよかったのに・・・
              0
                火曜日の、タオ塾東京、3回目で”Iメッセージ”が出てきた。

                で、ちょっと思いだした・・・
                つい最近の出来事・・・

                ”Iメッセージ”にしなかったがために・・・
                ジェネレーションギャップを、痛いほど味わった(笑)

                先月、保育園の年長組さんが親子遠足に行った。
                で、そこで、ドラマの撮影を目撃してきた〜!!

                その話を、保育園の年長さんのママ友から聞いた。

                「そうそう。竹之内豊と杉本哲太がいたよ〜」って。

                月9ドラマの撮影だそうな。
                子どもより、ママ達が大騒ぎになったとか。

                で、相手が仲良しのママ友だったので、気を抜いていた

                ぱ:「いいなぁ〜。会いたかったな〜哲太、カッコイイよね〜
                友:「え?杉本哲太だよ。」
                ぱ:「うん!紅麗威甦の哲太でしょ
                友:「え?なにそれ・・・」

                彼女は、30代にのたばかり〜
                紅麗威甦を知らなかった・・・
                あ、ちなみに”グリース”って読むんだけど・・・

                ぱにゅは、もう、もう、リアルタイムで、大好き
                なのに、彼女にしてみれば、”竜馬のお兄さん”なんだとか。

                おそるべし!
                ジェネレーションギャップ!!

                そう。
                遠足で大騒ぎになったのも、竹之内豊さんだ!!ってことらしい。

                そうかぁ〜
                ”渋くて、カッコいいって言えばそうかも”って。
                だけど、キャー!!ってのとは違うんだって。

                なるほどぉ〜・・・

                ぱ:「いいなぁ〜。会いたかったな〜哲太、好きなんだ〜

                って言ってたら、「へぇ〜そうなんだぁ〜」て終わった会話。
                ついうっかり、同意を求めたがために・・・(笑)

                痛いほど、ジェネレーションギャップを味わうことに・・・


                って、”Iメッセージ”で思い出すのが、これって・・・
                根が深いってこと???(笑)

                次こそは、”Iメッセージ”にしよ〜っと



                JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                JUGEMテーマ:子育て情報
                カテゴリ:ひとりごと | 17:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                チームができる
                0
                  12月4日(土) ガガの保育園の発表会

                  三歳クラス。
                  幼稚園だと年少組っていうよね。

                  2歳クラスまでは、舞台に乗ってるので精一杯。
                  乗ったところで、自分のことをどうにかこうにか・・・かな。

                  ところが!!
                  今年は違った!!

                  ガガ、舞台の上から自分の家族を探してる。
                  見つけた!!
                  でも、手ぇ振らないで、目だけで合図。(カッコイイ〜

                  そして、ポーズ。
                  楽器ごとに、お友達をチラっと見合って、”せーの!”みたいな雰囲気が・・・

                  パートごとの小さなチームができている。
                  そして、全部のパートが合わさって、クラス全員で”やるぞ!!”の雰囲気ができている。

                  すごい!!成長している!!
                  もちろん、そういう成長につながるように、日々、大奮闘(?)をしていた先生あってこそ。
                  先生、ありがとう!!


                  父母の会の役員。
                  お土産の準備をしたり、当日のお手伝いをしたり。
                  「じゃ、これやっとくね〜」
                  「あ、こっち、やるからね〜」
                  一緒に何かやると、楽しい。
                  楽しいを共有すると、仲間になれる。
                  そして、1つのチームになる。


                  みんな。
                  子ども達の成長を見て、先生たちに”ありがとう”の気持ちを感じる。
                  助け合った父母の会の役員どうし、”ありがとう”の気持ちを感じる。
                  役員の誘導やお願いに、気持ちよく協力してくれた、たくさんの人に”ありがとう”の気持ちを感じる。
                  1つのことを、一緒にやると仲間になる。
                  そして、チームができる。


                  すごいなぁ〜
                  こんな仲間も体験も、ズズやガガがくれた宝物。
                  大事に、次につなげたい。


                  JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                  JUGEMテーマ:子育て情報

                  カテゴリ:ひとりごと | 12:11 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                  繋がるってとっても素敵!!
                  0
                    今日、とっても懐かしい人にあった。

                    学生時代の友人。
                    え?何年前の友人だって?ナイショ・・・(計算すればわかる・・・)

                    再会そのものは、10数年ぶり。 20年ぶりくらい。(ってことが発覚した
                    その10数年間20年間に、お互い色々あって。
                    悩んだり、迷ったり、へこんだり、復活したり。

                    まるで違う人生を歩んできたのに、驚くほど共通点があったり。
                    お互い、人に助けを求めるのが下手だった昔の自分から、見事に脱出していたり。

                    彼女はとってもしなやかで、やわらかい雰囲気に変わっていた。
                    あ、前がどうってことじゃなく・・・(言うほど墓穴・・・)

                    出会ったのは、四半世紀も前。(キャー!!言っちゃったぁ〜)
                    その後、空白はあれど、再会してお互いのことを、何の気負いもなく伝え合える。
                    彼女との出会いが、とっても素敵なものだったことを、再確認させてもらった。
                    再会のキッカケをくれた、彼女に心から感謝!!

                    そんな彼女、ブログはじめたんだって。
                    パソコンは苦手だって言って笑ってた。

                    自然派の彼女の雰囲気を、しっかり感じさせるブログになってる〜
                    ここだから、ぜひ、のぞいてみてね!!


                    あ、そうそう。
                    驚くほど共通点を発見しつつ、まるっきり違うところもあった。

                    彼女は、野菜が大好きだって!!!
                    ぱにゅは、野菜嫌いだぁ・・・




                    さっき、”10数年ぶり”くらいだと思っていた再会が、実は20年近く会ってなかったことが発覚・・・
                    電話と年賀状だけだったんだね・・・
                    びっくりだぁ・・・
                    だから、修正しといた・・・



                    JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                    JUGEMテーマ:子育て情報

                    カテゴリ:ひとりごと | 17:00 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                    不思議な運動会練習
                    0
                      午前中、うちの隣の広場で運動会の練習。
                      近くの幼稚園。

                      田んぼの向こうの道を、きっちり整列して歩く子ども達。
                      広場についても、しっかり整列。
                      どの競技も、当日を思い浮かべて一生懸命・・・なのかな。

                      すぐ横だから、見えるし聞こえるし。(ま、静かではないけど。)
                      自分の子じゃないのに、なんかじ〜んとくる。


                      で、何が不思議かって???


                      先生がマイクを通して指示してるんだけど・・・
                      「年長さん、○○だよ〜」
                      「年中さん、○○だからね〜」
                      「年少さん、○○しようね〜」
                      って、子ども向けの指示は、1回ずつ聞こえてくる。


                      「○○先生、これこれしてください。」には、その後、なんかかんか説明がついてる。
                      それって、事前打ち合わせないんだ???


                      「○○係りのお母さん、集まってください〜」
                      「○○係りのお母さん、横切らないでください〜」
                      って、お手伝いのお母さん達への指示は、なぜか同じ言葉が3回くらいずつ繰り返される。


                      う〜ん・・・不思議・・・
                      大人の方が、指示1回でいけないのかなぁ〜

                      ねぇ。



                      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                      JUGEMテーマ:子育て情報
                       
                      カテゴリ:ひとりごと | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      「問題の解き方」を見つけるサポートがしたい!!
                      0
                        ここのところ、まわりに色々、動きがあった。

                        少しずつ、前進!!って感じの動き。
                        でも、動こうとすると・・・
                        ちょっと、進むとちょっと悩むって感じ。

                        結局、動かない時は悩まなかった。
                        動いたら、悩んだ。

                        じゃぁ、それは プラス じゃん!!

                        動いたことのフィードバック。
                        だから、1つずつ悩んで、迷って、選んで、前進!!

                        で、でも・・・なんんか、自分で悩みきれずにモヤモヤモヤって感じの時・・・

                        なぜが、救いの情報が、目の前に現れる。

                        今回は ↓ だった。
                        タオとアービーの実録!子育てコーチング Vol.292

                        ちょっと下がったあたりに、

                        ●あなたが欲しいのは「問題の答え」ですか?
                         それとも「問題の解き方」ですか?

                        ってとこ、あるでしょ???

                        これ、これ。
                        これを読んで、そのとき、悩んでモヤモヤしてたことが、スッって解消した。

                        そう。
                        私は、「問題の解き方」を見つけるサポートがしたいんだ!!

                        子育てとか、親子のコミュニケーションとか、自分の人生の選択とか。
                        どれをとっても、万人共通の正解なんてない!!(言い切っていいのか???)

                        だって、親子って言ったって、親と子の組み合わせだけ、コミュニケーションのスタイルがある。
                        人生の選択って言ったって、人の数だけ生き方がある。
                        同じ問題に見えても、人の数だけ解決の仕方がある。

                        だから、みんな自分だけの正解を探してる。
                        だから、みんな自分だけの「問題の解き方」を探している。

                        だから、まわりで応援する人ができることは・・・

                        ヒントを出す。
                        交通整理をする。
                        違った見方があることを知らせる。
                        決断を応援する。

                        決して、今のやり方を否定することじゃない。
                        決して、正解を押し付けることじゃない。
                        決して、問題の解き方を押し付けることじゃない。


                        小学校の時・・・
                        算数の文章題、色々なとき方があったの覚えてる?
                        友達のを写したり、ドリルの答えを写したりしても、解き方がわかってないと、次に解けない。
                        そんな覚え、ない???


                        大事なのは、「答え」より「解き方」。
                        「問題の解き方」がわかれば、おのずと「答え」にたどり着く。

                        だから、子育ても人生も、「問題の解き方」を見つけられる自分になれたら、怖いものはない!!

                        あなたが、「問題の解き方」見つけようとしているとき。
                        そして、応援団が欲しいとき、思い出して欲しい。

                        あなたのサポートがしたいと、思っている人はいることを。


                        JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                        JUGEMテーマ:子育て情報

                        カテゴリ:ひとりごと | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                        << | 2/6PAGES | >>