スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    カテゴリ:- | | - | - | - | - |
    予想外の展開
    0
      ビリーフにたどり着いた。

      のびた

      で、色々、考えてみた。


      ね。
      ほら。

      子どもの頃、母親から・・・
      「お姉ちゃんだからしっかりしなさい」って言われ続けたとか。
      「自分のことは自分でしなさい」って言われ続けたとか。
      「なんでもできる、しっかりした子が良い子」と、言外に伝えられ続けたとか。

      ありがちでしょ?
      想像しやすいでしょ??
      わかりやすいでしょ???

      そんなふうに、色々、考えた


      でも、どうもピンとこない。


      そうなんだ。
      考えてるから、ピンとこない。

      確かに、”言われ続けた”ことは、言われ続けた。
      一生懸命、良い子を演じ続けた。
      良い子であることが、自分の立ち居地を守る、唯一の方法だった。


      でも、それで、今、のびた?
      少しずつ、解いてきて、今、ここまで引っかかるほどのビリーフには繋がらない気がする。


      う〜ん・・・


      考えるを休憩した。
      放ってみた。

      ピンと来た。
      何の脈絡もなく。


      のびた=母親
      ドラえもん=ぱにゅ


      そうなんだ。
      なんでも、かんでも、「ねぇ、これやって。」と要求する母親。

      自分で解決しないで、外面良く引き受け、人の力を当てにする。

      子どもの頃、フェルトのマスコット作りが大好きだったぱにゅ。
      たくさん作って、お菓子の空き缶にしまっていた。
      学校から帰ってくると、減っている。
      まるで、覚えのない近所のおばさんから、お礼を言われる。
      「ありがとう。上手ねぇ。」

      ビーズのマスコット、作っていると欲しがるので、あげた。
      母親の仕事先に、買い物に行くと、そこにいたおばさんから、お礼を言われる。
      「ありがとう。器用なのねぇ。」

      学生の頃、文章を書くのが好きだった。
      母親の職場の、QC活動。
      ゴーストライター状態。
      調べて、資料つくって、説明原稿つくって。
      母親の職場のおばさんたちが、ねぎらってくれた。
      「よく勉強してるのねぇ。」
      専攻は児童福祉、障害児教育だったんだけど・・・

      スパッツがはやっていた頃。
      当時のぱにゅにとっては、ちょっと高かったスパッツ。
      でも、シルエットが綺麗で、気に入って、色違いで黒とグレーを買っていた。
      母親が、黒をくれと言った。
      仕方なく、差し出す。
      1時間もしないうちに、ゴムを切っている。
      「あんたのは、キツイのよね。」と、文句を言われた。

      なぜ?

      悔しさと悲しさが、涙と一緒にあふれてきたのを、まだ、覚えている。
      「キツかったから、返すわ。」という判断ができない人。

      一生懸命作ったもの、作って大切にしていたもの。
      返された言葉は、「あんたは、また、つくればいいじゃない。」だった。

      一生懸命調べて、資料作って、原稿書いて。
      返された言葉は、「学生は、ヒマなのね。こっちは、そんな時間ないっていうのに。」だった。

      気に入ったから、ちょっと高いけど買ってきたもの。
      返された言葉は、「あんたは、また、買えばいいじゃない。」だった。
      サイズが合わないなら返して、自分で買えばいいと言ったぱにゅ。
      返された言葉は、「そんな時間もお金もない。こんなものがそんなに惜しいのか。」だった。


      小さい頃から、いい子を演じて認められたかった。
      それでも、認められなかったから、貢献して認められたかった。
      存在を肯定されたかたた。


      その想いが、理不尽と感じつつ、踏みにじられたと感じつつ、応えようとしていた。(と思う。)


      だから、のびた&のびた一家に、反応した。
      もともと、ざわついていたのに。
      決定打があった。

      そういうことだ・・・きっと。

      きっかけは・・・

      のびた&ママ&パパが、コタツから出たくない・・・って話。

      ドラえもんに、コタツを出してもらう。
      しなきゃいけないって思っていることを、口にするとコタツがそのまま移動する。

      なんの変哲もない、ギャグマンガ・・・

      なのに、「何、この家族!」って。
      たれ1人、異を唱えることなく、「ドラえも〜ん」と言って、頼り、受け入れている。
      そして、その提供されたアイテムに、文句を言う。
      決して、「ありがとう」と受け取ることがない。


      ふぅ〜・・・


      自分だけが反応するもの。
      そこには、やっぱり、隠れているものがある。


      あ〜!!
      スッキリ!!

      ぱにゅ、頑張ったねぇ。(自画自賛)
      子どもの頃のぱにゅ、悲しかった&悔しかった。
      学生の頃のぱにゅ、ヒマじゃなかったの知ってるよ。
      お気に入りのスパッツ、大事だったのにね。だから、なんでも1つじゃ不安なんだよね。(笑)

      ずっと、ずっと、いい子を演じていたから。
      本当は、子どもの自分が、子どもらしい理不尽な要求を伝えたかった。
      欲しいもの、やりたいこと、たくさんの自分の気持ちにフタをいていた。

      だから、自分では、いつでも犠牲になっているつもりだった。
      犠牲になっているのに、ありがたがってもられない。
      2重に踏みにじられた想いを抱えていた。


      そりゃ、そうだ。


      相手は、なんでも出てくる”ドラえもんのポケット”くらいにしか思ってなかったはず。
      自分が良い顔をする、道具くらいにしか思ってなかったかもしれない。
      ”ありがとう”なんて、思うはずもない。


      それを、勝手に期待して、求めて、被害者モード全開!!


      もう、あの人に何を望む必要もない。


      自分で決められるんだから。
      自分で、自分を大事にできるんだから。
      そして、今度は、ズズやガガを大事に、守る側になったんだから。


      なんでもできるわけじゃない。
      でも、なんでもできると思う。

      とてつもないことを、成し遂げようというわけじゃない。
      自分の心を自由に、柔軟にもって、心穏やかにいきたい。
      自分が、自由な心、柔軟な心を持っててこそ、人の心を解きほぐすことができるはず。


      ちょっと、前進!!
      確実に前進!!


      あ、アメブロにもはっとこーっと。



      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
      JUGEMテーマ:子育て情報
      カテゴリ:子育てが変わる! | 12:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      ビリーフにたどりつく
      0
        この前、好きなキャラクターをならべてみた。

        ナルト、ルフィ、一護
        うん!! 好き!!

        まぁ、好きなものは好きでいいって。
        だって、みんなカッコいいんだもん。


        で、好きじゃないもの、探してみた。


        のびた


        どうにも、受け付けない。
        ズズやガガが、楽しそうにドラえもんを見ている。

        まぁ、こども番組だから。
        いいけど。
        あんまり嬉しくない。


        のびた


        理由は、これだ。


        やっぱり、受け付けない。


        なんでだろ???
        何が受け付けないんだろう???


        じゃぁ、他は?いいの?

        ジャイアン

        大丈夫。
        乱暴だし横暴だし。
        でも・・・
        家の手伝いをする。
        妹も大事にする。
        あとで、ちゃんと「ごめんよ」って言ってる。
        そして・・・
        ジャインアンのお母さん、一生懸命仕事してる。


        スネオ

        色々なもの見せびらかすし、イヤミなヤツ。
        強い者と弱い者で、態度を変える。
        でも・・・
        スネオが自慢するものは、スネオの両親の経済力で、スネオに与えたもの。
        そして・・・
        見せる&貸す。
        ママとの約束を守ろうとする。


        しずかちゃん

        ちょっといい子すぎるかな。
        まぁ、いっか。


        どの子も、どの家族も、”そんなんもありだよね”って思う。


        じゃぁ、なんで、のびた だけ、こんなに受け付けないんだろう???


        のびた

        自己完結していない。
        自力で解決しない。
        努力しない。
        なんでも、「ドラえも〜ん」の一言で解決しようとする。
        ママとの約束をまもらない。
        お手伝いをしない。
        努力を回避するために、ドラえもんに頼る。
        のびたが自慢するものは、のびたが努力して得たものではない。
        のびたが自慢するものは、のびたの両親が労働して得たものではない。
        ドラえもんの存在&ポケットを許容するのびたの両親・・・


        ちょっと、考えただけで、こんなに出た。


        これって、刷り込まれたビリーフ。


        努力して勝ち得たものに価値がある。
        人は努力すべき。
        人に頼ってはいけない。
        自分のことは自分で解決する。

        う〜ん・・・
        まだまだ、ありそう・・・


        そうなんだ。
        そうやって、育てられたんだ・・・
        そうやって、育ってきたんだ・・・

        きっとね。

        だから、ズズやガガに、のびたになって欲しくないって思う。


        あ、でも、昔はジャイアンもNGだった気がするなぁ。

        素直に「ごめん」って言えることを、許容できたんだ。

        さてさて・・・
        このビリーフ、どうしたもんだろう???


        もうちょっと、考えてみよーっと。





        JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
        JUGEMテーマ:子育て情報
        カテゴリ:子育てが変わる! | 15:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        勝手に決めないでよ!嫌な気持ちになる!
        0
          月曜日だったかなぁ・・・

          休みの日。
          まぁ、オサル2匹なんで、うるさくて。
          何か食べるんでもなんでも、あーじゃない、こじゃないと・・・
          勝手なのよねぇ・・・

          で、ぱにゅ、お疲れ気味で、機嫌悪・・・

          で、なんだぁ、かんだぁ言ってるズズとガガに言った。

          「じゃぁ、さぁ、○○すればいいじゃん。○○したいんでしょ!」

          そしたら・・・

          ガガ、すっごい怒って言った。

          ままちゃん!
          勝手に決めないでよ!
          今、考えてるでしょ!
          勝手に決められると、嫌な気持ちになる!


          はい。
          わかりました・・・

          ぱにゅ、素直に引き下がるしかなかった・・・
          恐れ入りました・・・

          決まるまで、待ちます・・・


          JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
          JUGEMテーマ:子育て情報

          カテゴリ:子育てが変わる! | 15:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          熱血と真剣と認める
          0
            お正月、2日の夜かな。

            ばあちゃん家で、ご飯をたべた後、テレビがついていた。

            「あ!高橋大輔だ!」

            これぞ潜在意識センサーだぁ!!(笑)

            後片付けを放棄して、ぱにゅ、正座!!

            そうそう。
            高橋大輔選手、大好き〜

            って、本題はそこじゃないんだけど。

            スケートの選手と、とんねるずが卓球やってた。
            ”お正月のお遊び番組”って印象だった。(最初は。)

            そして、そこに1人、めっちゃ真剣に勝負にこだわる人がいた。

            松岡修造さん。
            スケート選手チームの応援団(?)してた。

            最初、”お遊び番組なのに・・・”と思って見ていた。

            でも、すっごい、真剣に応援している。
            「勝つよ!いいね!」
            「頑張っていこう!」
            「大丈夫!大丈夫!いけるよ!」
            マジで勝負している。

            で、結局、スケート選手のチーム、負けちゃった。
            「あ〜」って、選手達が残念そうな表情を見せたその時!

            「ナイスファイト!」


            誰よりも先に、スケート選手達の頑張りを認めて、声をかけたいた。
            思いっきり、拍手していた。

            すっごーい!!って、思った。

            かっこいいかも。

            あんだけ、真剣に「勝つよ」って言ってたら・・・
            「おしかった」とか「残念」とか「もうちょっとだった」とか。
            そんな言葉が出そう(勝手な思い込み〜)なのに、違った。

            頑張る時には、真剣に。
            応援する時には、真剣に。
            結果がでたら、その頑張りを心から称える。


            結果を評価するのではなく、その頑張った姿を認める。
            きっと、結果が満足できなかったら、その悔しさは本人が感じているはず。
            だから、まわりは、そこへむかった努力を、称えればいい。

            あの番組で、そんなこと、語ったかどうかはしらないけど。
            そんなこと、勝手に思った。
            勝手に、かっこいいかも〜って思った。

            一年の初めに、ステキな気づきをもらった気がする。

            ありがとう!!



            JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
            JUGEMテーマ:子育て情報
            カテゴリ:子育てが変わる! | 13:36 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            知っててくれたことが嬉しい
            0
              ばあちゃん家で、クリスマス会。
              ズズもガガも、プレゼントをもらって大喜び。

              少子化の波に飲み込まれて、ズズもガガもいっぱいのポケットの恩恵を受けている。

              もらえることが当然って思ってしまわないように。
              プレゼントをもらって喜ぶのではなく、プレゼントをしてくれる気持ちを喜べる人になって欲しい。
              そんな思いが、なかなか伝えきれていないもどかしさがあった。


              夜、ばあちゃん家から帰ってきて、ズズが言った。

              おいちゃんが、オレがガンダムを好きだって、知っててくれたことが嬉しい

              ガンダム好きのズズに、おいちゃんが、シャア専用ザクのプラモを用意してくれていた。
              おもちゃからプラモにステップアップした。
              プラモの、ちょっと難しいのだった。

              そのプレゼントを、嬉しそうに抱えて帰ってきたズズ。

              オレがガンダムを好きだって知っててくれたことが嬉しい。

              自分のためにプレゼントを選んでくれた相手の気持ち。
              自分のことを、大切に思って好きなものを選んでくれた相手の気持ち。
              人の気持ちを、嬉しいと感じてくれた。

              ズズのこの言葉、ズズの成長。
              ぱにゅへの、最高のクリスマスプレゼントだった。



              JUGEMテーマ:子育て情報
              JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
              カテゴリ:子育てが変わる! | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              みんな、誰かと繋がろう!!
              0
                季節柄・・・
                先月、保育園の来年度の役員決めがあった。
                今月、学童の来年度の役員決めがあった。

                春になれば、学校のクラスも・・・

                そして思うこと・・・

                みんな、誰かと繋がろう!!

                え???何言ってんの?って???

                あのね・・・

                顔だけ見かけて、時々すれ違うだけの人、”好き!!”って思える???

                あー・・・高校生の頃、電車で見かける彼が・・・ってのは無しだよ。
                保育園とか、幼稚園とか、学校とか、学童とか・・・そういうところで、遭遇するママさんの話だよ。

                「ねぇ、ねぇ、あの人ってどういう人?」って、仲良しママに聞いて・・・
                みんな「知らない」って答えちゃって。
                その人のとこ、”好き!!”って思える?

                ”なんか、ちょっと・・・”
                ”何してる人なんだろ???”

                なーんてことになりがち?
                自分や仲良しママが、”知らない”だけなのに・・・
                なんとなーく良くない印象になっていく。


                ところが・・・
                「あ、あの人ねぇ・・・」なんて、仲良しママの誰かが、ちょっといい話を始めたら、まるで別世界!!
                仲良しママが知っていて、ちょっといい話をする・・・
                なんとなーく好印象!!




                じゃぁ、じゃぁ、これはどう???

                打ち合わせに、3回連続で、欠席!!

                音信不通で、なんでお休みかわからない・・・
                なんとなーく、いやーな印象にならない???

                たとえ、病気で入院してたとしても、たとえ怪我して、家から出られなかったとしても。
                知らなければ、どんどん、いやーな印象が膨らんでいく。

                でも、”仕事で” + ”兄弟の行事で” +”家族で外出” なんて3回連続はどう???
                ”あらあら、忙しいねぇ・・・重なるねぇ・・・”ってことで、スルーしちゃうんじゃない???

                ねぇ、たとえ、”ゴメン!行かれない!”ってだけでも、知らされた方が心穏やかだと思わない?




                無理に、万人と仲良く・・・なんて、ムチャなことは思わないよ。
                でもね、みんな誰かにつながって、何人かに繋がって、その人たちがまた、繋がって・・・

                子どもが同じ時間を共有する親同士、どこかで繋がる。
                繋がれば、支えあえる。助け会える。一緒に進める。


                まず一歩。
                近くに座った人に、話しかけてみよう!

                季節柄・・・そんなことを思った。



                JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                JUGEMテーマ:子育て情報

                カテゴリ:子育てが変わる! | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                タオ流<子育てコーチング塾>in横浜&東京
                0
                  13日(月) タオ流<子育てコーチング塾>in横浜
                  14日(火) タオ流<子育てコーチング塾>in東京

                  行ってきました〜!!

                  すっごい、ぐるぐる右脳を使った気がする・・・

                  え?

                  それじゃ、タオ塾の様子がわからない???

                  う〜ん・・・

                  色々、OHカードだったり、キーワードだったり、受講生の方々の発言だったり。
                  ちょっとしたきっかけで、ふわぁっって、記憶が浮かんできて。

                  あ〜・・・私に、れを気付かせるためだったの???

                  みたいなことが、今月は多かったなぁ〜って。

                  あ、あと、昨日の東京は3回目だったので、”タイプ分け”の話があって。
                  そういうのって、知識として知っていて、自分でチェックしてみたりしても、なかなか”え〜そうなの〜”って感じをぬぐえなかったり。
                  でも、みんなでやって、ワークを横で見ている(人数が奇数だったので)と・・・
                  おー!!って発見があった。

                  あ、そうそう、横浜の会場の近くの道路、こんなことになってたよ〜






                  ちょっと、ぼやけてるけど・・・
                  クリスマス、だね〜

                  ってことで、まずは、これで・・・


                  JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                  JUGEMテーマ:子育て情報
                   
                  カテゴリ:子育てが変わる! | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  目の前にいる相手の言葉を聞く
                  0
                    タイトル見て、どう思った?

                    え?聞いてるよ。あったりまえじゃん!

                    って思った?
                    じゃぁ・・・

                    「だって、前にこう言ったよね?」
                    「え?さっき○○って言ったよね?」

                    なんて、誰かに言った覚え・・・ない?

                    まぁ、大人同士ならね・・・お互い大人なんだから・・・
                    約束守ろうよとか、なんとか・・・
                    色々、言いたいこともあるかもしれない。


                    「宿題、ないって言ったよね?」
                    「食べるって言ったよね?」
                    「いらないって言ったよね?」

                    そう言ってみたところで、相手は・・・

                    宿題を思い出して困っている。
                    お腹いっぱいになって、もう食べたくなくなっている。
                    いらないって言ったもの、欲しくなってゴネだしている。

                    そんな相手に対して、前に言っていた言葉は、舞い散る落ち葉・・・
                    風に吹かれて飛んでいけ〜って感じ?

                    過去の相手(の言葉)と、いくら会話しても、”今”は解決しない。

                    それどころが、直面する問題と違うところでヒートアップ!!
                    状況は悪化する・・・

                    今の言葉を聞いて、ここからどう進むか・・・一緒に考えよう!!



                    そうそう。

                    大人同士だって、そうだよね?

                    前に、誰かに、何か嫌なことを言われたとして・・・
                    その相手が、にこやかに”こんにちは!”声をかけてきたとしたら?

                    普通に挨拶をすればいい。
                    だって、目の前に、にこやかに声をかけてきた人がいるんだもん。

                    ”え?だって、その人、嫌なこと言った人なんでしょ?” って思う?


                    嫌なこと言ったのは、”前のその人”で、”今のその人”じゃないよね。
                    前にああ言ってたから、きっと心の中ではこう思って・・・なんて、一生懸命考えて。
                    今もその人の過去の言葉を、何度も何度も思い返す。

                    自分で、一生懸命、”いやな思い”を呼び起こしている。

                    それじゃ、もったいないよ。

                    きっと、その時はそう思ったんだね。
                    人の気持ちは変わることもあるから。
                    きっと、今は挨拶したいんだよ。

                    そんなふうに思って、目の前にいる相手と会話してみようよ。

                    過去の言葉をなかったことにして、無理に近づかなくていい。
                    過去の言葉を引っ張り出して、無理に
                    傷つかなくていい
                    過去の言葉を理由にして、無理に離れなくていい。


                    今の言葉を聞いて、そこから、次にどうするかを見つければいい。


                    JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                    JUGEMテーマ:子育て情報
                    カテゴリ:子育てが変わる! | 12:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    大事なことは我慢しない
                    0
                      うっわ!すっごいタイトルつけちゃった。
                      なんか、お叱りをいただきそう。

                      「最近の子どもは我慢ができない」とか・・・
                      「我慢ができない子は我がまま」とか・・・

                      ねぇ。
                      よく言われる。

                      でも、なんか、この”我慢”って言葉、嫌なんだよね・・・

                      広辞苑で調べた。
                      (1)自分をえらく思い、他を軽んずること。高慢。
                      (2)我意を張り他に従わないこと。強情。
                      (3)耐え忍ぶこと。忍耐。
                      (4)入れ墨のこと。

                      なんか、最初の方は良く使うのとは違った感じ。
                      (4)は何???TATTOOのこと???

                      よく使うのは、(3)の意味かな。

                      でね、なんか、抵抗がある。
                      一方的な印象。
                      どう?

                      なんか・・・
                      訳もわからずらず、一方的に押さえつけられて、ただただ耐えている。
                      そんなイメージ。
                      ぱにゅだけ?

                      「お菓子食べたい〜」vs「ダメ!ガマンしなさい!」
                      「もっと遊びたい〜」vs「ダメ!ガマンしなさい!」

                      親子の日常会話?

                      「もっとこんなことしたい〜」vs「お母さんだから、ガマン!」

                      自問自答の声?

                      こんなふうに使うから、一方的な印象なのかぁ・・・
                      ってことは、ズズもガガも?
                      ”我慢” って言葉を ”一方的な圧力” って受け取ってるってこと?だね?


                      「お菓子食べたい。」
                      「お菓子ねぇ・・・ご飯の前だから、他の時にしない?」
                      「ご飯かぁ。じゃぁ、お菓子あとにする。」


                      「もっとこんなことしたいな」
                      「今すぐ、全部はキツイかな。」
                      「じゃぁ、少しだけ初めてみるのもありかもね。」
                      「今できること、さがしてみようか?」

                      って相談や自問自答ができたらいいよね?
                      お互いに、ちゃんと思っていることを伝え合う。
                      で、受け取り合う。
                      そこで、納得できたら、それは我慢じゃない
                      納得できたら、自分で選んだことに変わるから。

                      そういう親子の会話の中に、考えること、伝えること、思いやること、色々なことが含まれている。
                      そういう親子の会話の中で、人と繋がる力が育っていく。

                      理不尽な要求や、納得できないことを、ただ受け入れのとは違う。
                      ちゃんと、自分の思いと相手の思いを伝え合う。
                      そして、考え、思いやり、納得すること。

                      そういう力を育てたい。

                      大事なことは我慢しない!
                      ちゃんと伝えて、ちゃんと受け取る!
                      ちゃんと考えて、ちゃんと選ぶ!


                      よし!そういう親子になろう!!


                      JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                      JUGEMテーマ:子育て情報
                      カテゴリ:子育てが変わる! | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      出会い&繋がり 盛りだくさん
                      0
                        実は、今朝、ブログ更新中にフリーズした・・・

                        よし!!って気持ちが、復活するまで数時間・・・
                        そして、その、よし!!を作ってくれたのが、”出会い&繋がり”で書きたかった彼女

                        う〜ん・・・見透かされてる???

                        そうそう。
                        この1〜2ヶ月くらい、とにかく、出会い&繋がりが盛りだくさん。

                        新しい出会いあり。
                        すでに知り合っている人の、新しい面に出会ったり。
                        なかなか、会えなかった人と立て続けに会ったり。
                        新しい出会いが繋がって、次の出会いがあったり。

                        タオ塾のご縁で、お母さん大学を知った。
                        そこで、茅ヶ崎版の情報紙を発行している由可ちゃんと出会った。

                        何度も、予定が合わず、すれ違いだったのに。
                        由可ちゃんのパワーのおかげで、無事に会うことができた。

                        初めて会って、話し出したら止まらない
                        違う場所で、違う時間を過ごしてきたのに、驚くほど共通点が多い。

                        自然体で、出来ることをする。
                        無理なく、自分らしく、ありのままで。

                        なんか、そんな繋がり。

                        とにかく、今月は、流れに乗るって決めている。
                        なんでかっていうと・・・
                        はづき虹映さんの誕生数秘学のメルマガ読んでたら、”11月は流れ乗ってみたらいい”って。

                        だから、いつもだったら ”え〜?” とか ”どうしようかな?” とか思うことも、”えい!”って動いみた。
                        そしたら、どんどん、繋がりが繋がりを呼んで、すっごい広がる。
                        ああ、いいなぁ〜って思った。


                        なんか、朝書いたのより、ちょっと短いかも・・・
                        ま、いっか。
                        書きたいことは書いたし。


                        ふぅ〜・・・って思ってたら、由可ちゃんから電話もらって、元気が出たし。
                        ありがとー!!

                        そして、そんな不思議な出会いのキッカケをつくってくれた、タオ塾の仲間にもありがとー!!



                        JUGEMテーマ:こどもと一緒に♪
                        JUGEMテーマ:子育て情報
                        カテゴリ:子育てが変わる! | 14:20 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
                        << | 2/7PAGES | >>